ご挨拶

 正木会では、美濃大垣藩士 正木太郎太夫利充が宝暦年間に創始した「正木流萬力鎖術」と、三州吉田藩士 亀井孫六重村が幕府の御下命の下、江戸町方の捕縛術として編纂制定した「江戸町方十手捕縄扱い様」を伝承しております。
 当会で上記武術の他には萬力鎖術に併伝されている鎖鎌術・十手術に付属されている捕縄術(早縄術)も合わせて伝承しており、これらを解りやすく丁寧に指導することを心掛けております。また先代宗家名和弓雄師より引き継いだ技法だけでなく、技法にかかわる周辺事項も含め興味深く習得できるような稽古内容にしております。


正木流萬力鎖術      十一代
江戸町方十手捕縄扱い様   六代
師範家 佐野森一
(正木会代表)


万力鎖術・鎖鎌術



十手術